ふく蔵(富久錦)

ヤマヒロのイベントで、

日本酒の原酒で作る梅酒作りを教えて頂いたふく蔵さんを訪問しました。

きっかけは、昨日 @calla.san が届けてくれたふく蔵さんのハガキです。

ふく蔵では、児玉修治さんのうつわの展示会が行われていて、

造形と発色がどれも素敵でした。

ふく蔵さんの2階はご飯が食べられる広い空間があり、

ランチとディナーを提供されていました。

一品一品がどれも手が込んでいて美味しく、

お豆腐もお肉も粕汁もお出汁も絶品で、

人気がある理由がわかりました。

平日にも関わらず多くの人がランチに来られ、

限定ものはすぐに売り切れになっていました。

早く行って良かった。

来年まで出来上がりが待ちきれなかった梅酒も入手出来ました。

気に入ったお皿も買えたので良かったです。

ふく蔵さんでは、いろんなイベントをされているようですのでまた行きたいです。

calla.sanありがとう。

富久錦フラグシップショップ ふく蔵

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 | 2017.6.30  8月1日~ 手づくりクラフト展開催!夏休みの宿題にぴったりの体験会が勢揃い。ぜひご参加下さい。 2017.6.27  7月のランチメニューを更新しました。(6月28日よりご提供いたします) 2017.6.26  ふく蔵ならではの安心・安全の夏ギフトをどうぞ。 2017.6.12  ふく蔵navi 7月号を公開いたしました。 2017.5.19 現在配布中の夏のダイレクトメールの原稿を公開しております。 2017.5.8  【NEW】「ふく蔵」ではスタッフを募集しています。  詳しくはこちらをご覧ください。 「食は純粋であるべき」 これがふく蔵の考え方です。 食べることは身体や心をつくる基本であり、人間が生きていくうえで最も 重要なことのひとつです。微力ながら安全な食生活をみなさまの近くに お届けしたいと考えています。 只今のおすすめは、 《純米大吟醸 斗瓶取り原酒 紬(つむぎ)》 720ml 4,762円(税別) ※6月2日発売。 ショップのご紹介はこちら  オンラインショップはこちら  ふく蔵のお料理は、決して飾らず素材本来の持ち味を生かすこと。 旬の地野菜を中心に、選りすぐった純粋な調味料や伝統的な食品を できるだけシンプルな調理方法でそのおいしさを味わっていただきたいと 考えています。 只今のおすすめランチは、 《揚げ巻湯葉とおとうふ膳》1,600円(税別) 今月のメニューはこちら  昔の酒屋はその地域の米や食材が集まり、それらを収め流通させるために人が交流しその結果情報の交流も行われてました。まさに地域の文化や生活の交流基盤であったと言えます。そんな役割を現代に置きかえて少しでも地域のお役にたてるようその場を活用していただきたいと考えています。 只今の催しは、 磁器うつわ展 宮地栄八・渡辺 睦 2017.7.4~7.16 ギャラリーの情報はこちら  毎月、ふく蔵の情報を《ふく蔵Navi》という形でお届けしています。 こちらをクリック! ページトップへ 【2017年3月より変更しております】 10:00~18:00(月~金) 10:00~21:00(土・日) ※連休の時の祝日のみ21時まで。 11:30~15:00(毎

ふく蔵

--

#ふく蔵

#富久錦

#純米原酒で作る梅酒

#加西市

#ヤマヒロ

#callasan

#発酵教室

#発酵labCoo

#兵庫 #hyogo

#fermentation #発酵

#japanesetraditionalfood

#fermentedfoodlab

発酵LabCoo 〜兵庫県の発酵教室〜

江戸時代から続く醤油蔵や糀屋さんが残る、兵庫県たつの市で、味噌、醤油、みりん、甘酒、醤油糀、塩糀、ぬか漬けなどの手づくり教室を行なっております。  たつの市は淡口醤油発祥の地で、400年続く醤油蔵や日本で唯一の淡口醤油資料館があります。これまで発酵食品会社を渡り歩いた経験を活かして、発酵食品の魅力を発信していきたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000