神戸新聞さんの取材

今日はなんと神戸新聞さんが取材にきてくださり、

発酵LabCooの取り組みと、

本日実施した夏休み特別企画の様子を取材して頂きました。

参加者の皆様には、

突然の取材にも関わらずご対応いただき感謝申し上げます。

フルーツをみんなで切って、甘酒と混ぜてミキサーで潰して、

みんなで楽しくフルーツ甘酒を作って試食を行いました。

大人には大人気のグレープフルーツ甘酒が子供には少し酸味が強いようでしたが、

冷凍マンゴーのスムージーは甘みが強くとても人気でした。

0歳児の赤ちゃんも甘酒を夢中で口にしていました。

砂糖とは違いお米が原料で、様々な成分が混ざった複雑な甘みですので、

栄養はもちろん、子供の味覚形成にも役立ってくれると思います。

子供向けに発酵の説明をするのはとても難しく、

反省する点もありましたが、米糀を食べて甘みを感じる、

米で作った甘酒を飲む、など普段できない体験を提供できたことは

とてもよかったと思います。

また、昼から参加してくださったご家族は、

今日の内容を学校の自由研究にすると言ってくださったので、

とても嬉しかったです。

かつお節など身近にある発酵食品の話をするととても興味を持っていただけました。

子供向けの教室は初めての取り組みで、不安がいっぱいでしたが、

今後も続けていきたいと思います。

ご要望があれば、子供の出張教室も企画したいので、

お気軽にお問い合わせください。



発酵LabCoo 〜兵庫県の発酵教室〜

江戸時代から続く醤油蔵や糀屋さんが残る、兵庫県たつの市で、味噌、醤油、みりん、甘酒、醤油糀、塩糀、ぬか漬けなどの手づくり教室を行なっております。  たつの市は淡口醤油発祥の地で、400年続く醤油蔵や日本で唯一の淡口醤油資料館があります。これまで発酵食品会社を渡り歩いた経験を活かして、発酵食品の魅力を発信していきたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000